下剤の種類

下剤の種類

さて、下剤の依存や副作用についても様々ありますが
下剤も食事療法などの便秘の根本を改善するケアをきちんとした上で
短期間だけ補助的に使うことはむしろ良いことで、重度の便秘の人には有効な手段です。

 

また、下剤にも色々な種類があります。
市販されているものならなんでも同じと思い初期の便秘のうちから
刺激の強いものを使用してしまう人も多いのですが
比較的依存性が低いものもあります。

 

下剤には作用によって大きく「刺激性下痢」と「機会性下痢」に分類されます。
刺激性下痢はその名の通り、腸を刺激するタイプで、一方の機能性下剤は弁にさようしてカサを増やしたり
柔らかくしたりして排便を促すタイプです。

 

初期の便秘で薬に頼りたいという時は、機能性下剤を使用したほうがくせになりにくく
刺激や副作用も少なくすみます。

 

この二種類の中でも、更に作用や特性によって複数のタイプに分類されています。

 

刺激性下剤

 

@象徴刺激性下剤
象徴に刺激を与えるタイプ。
ひまし油やオリーブオイルなども含まれ、結腸刺激性下剤にくらべれば副作用が少なく済む。

 

A結腸刺激性下剤
大腸に刺激を与え、蠕動運動を起こさせて便を出す。
アントラキノン系下剤がこれに当たり、市販の下剤がほとんどこれにあたる。

 

長期間使用すると、大腸メラノーシスをお越し、機能低下を招いてしまうものもある。

 

機能性下剤

 

@塩類下剤
便の浸透圧を上げ、便の水分が吸収されるのを抑えて
便を柔らかくして排出させる。

 

市販の下剤の乱用が原因となっている場合に、小腸刺激下剤とともによく使用される。
副作用は少ないが、腎臓に障害がある人には使用に注意が必要。

 

A糖類下剤
腸内の水分を増やして便を柔らかくする。
胃や腸で吸収されにくい糖類が主成分。

 

副作用が少なく、子供の便秘にも用いられる。

 

B膨張性下剤
観点や小麦ふすまなどを含む。
水分を吸収して便のかさを増やし、柔らかくする。
偏食や少食の影響で町の内容物が少なすぎることで便秘になったケースに使用すると
便のカサが増えて便秘が解消されやすい。

 

C浸潤性下剤
便に薬の成分が浸潤して便を柔らかくさせる。
副作用は少ないが、日本では普及していない。

 

 

このほかに、便秘治療に使われる薬として、「座薬」があります。
便意がなくなっているタイプは下剤を使用しても直腸が便意、というカタチで反応せず
便が出にくいため下剤よりも座薬による治療が有効になることがあります。