【下剤は使いたくない!】母乳育児中のお母さんのための便秘解消方法!

妊婦時期のつわりについて

つわりの原因って??

 

実はつわりの原因って今もハッキリと解明されていません。
一節では、妊娠したことによってホルモン分泌量の急激な変化が起こり
お母さんの体が対応できないことがその原因とも言われています。

 

妊娠すると大量に分泌されるヒト絨毛性ゴナドト口ピン。
このレベル数値が高いほうがつわりがひどいという傾向があるようです。

 

また、同じく妊娠に必要な黄体ホルモンの分泌が増えると高温期が続いたり
長官の動きが悪くなり、その結果便秘やム力ム力するという症状が
起こりやすくなります。

 

この2つのホルモンがつわりの原因とも言われていますが
それだけだはなく自身の性格や周りの環境、ストレス量などなど
さまざまな要因が関わっているとも言われています。

 

つわりの時期は?

 

よく言われているのは、妊娠して5週目から12週目が最も多いと言われています。
つわりの器官はやはり個人によって差がありますが
一般的には5週目からつわりが起こり始め、
12週目までには治まってくる人が多いようです。

 

妊娠が分かった頃から、妊娠に体が慣れてくる頃までという認識で良いかもしれません。
だた、4週間前後で終わる人もいれば、かなり長引く人もいるように
終わった時期はかなり幅があるみたいです。

 

辛くても無理やり食べなきゃダメ?

 

妊娠初期の胎児はかなり小さいということもあって
赤ちゃんのために栄養を摂らなくては、と思う必要はありません。

 

特につわりで辛いこの時期は、自分が食べたいもの、食べられるものを
食べましょう。
万が一、食べたものを戻してしまっても
お腹の赤ちゃんの成長に影響することはないようです。
もし可能なら、葉酸の入ったビタミンB類のサプリメントを摂取するのもお勧めです。
つわりが少し楽になることもあります。