母乳はお母さんの血液

母乳はお母さんの血液

母乳の原料はお母さんの血液です。
それに伴い、母乳は別名『白い血液』ともいわれています。
では、母乳はどこで白く変化するのでしょうか。

 

乳房を山に例えると、その麓に『乳腺葉』とよばれる
母乳の製造工場と言われる物があります。
乳腺葉は、約20から40の『小葉』に枝分かれし
小葉はさらに10から100の乳腺胞がまるでぶどうのふさのように連なって
構成されています。

 

母乳は何百とあるこの乳腺胞のなかでそれぞれ数滴づつ製造されています。

 

お母さんが食べたものは血液として乳腺葉に運ばれて
白い母乳に変化します。

 

乳房の麓から乳口に向かって乳管と言われる道があり
乳管洞と呼ばれる貯水池の役割のところで蓄えられ
赤ちゃんはこの乳管洞をあごとしたを使って圧迫しながら母乳を飲みます。
しごきながら飲むため、乳輪部も柔らかくしていくことが大切です。

 

母乳の分泌に作用する2つのホルモン

 

母乳の分泌をホルモンの作用から見てみると
一番深く関与しているのは『催乳ホルモン』と呼ばれるプロラクチンで
母乳の分泌を促す役目を果たします。

 

赤ちゃんが入湯を吸うとその刺激がお母さんの脳下垂体に伝わります。
その脳下垂体が刺激を受け止めるとプロラクチンが分泌され
母乳を絞り出す役目をしてくれます。

 

プロラクチンとオキシトシンという2つのホルモンの働きがあいまって

 

母乳が出るのです。
これは逆に赤ちゃんが母乳を吸わないとこの2つのホルモンが分泌されないので
でなくても吸わせ続けることが大切です。

 

授乳生活をスムーズに開始するには
妊娠中から心と体の準備が大切になります。

 

母乳はどのように分泌されるのか。赤ちゃんとお母さんには
双方にどんなメリットがあるのかを知っておけば
産後の授乳タイムが楽しみになります。

 

結構を良くするエクササイズや乳頭・乳輪部分のマッサージは
体調の良い時に少しづつ行っておきましょう。